スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年上半期ニコマス20選

基本レギュレーション
・対象は2012年上半期(1月1日~6月30日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログもしくはマイリストにて公開
・1Pにつき1作品
・選考基準はフリー(お気に入り・埋もれ発掘・テーマに沿って等何でもオッケー)


今回はATPが主催されるそうで、本当にありがとうございます><

相変わらず毎回恒例のレギュに上乗せ自主ルール。
・理由を問わず削除されてしまった動画は除外
・多人数での合作動画(おおむね3人超え)は除外
・ジャンルでの枠というものは設けない
というわけで張り切っていきましょう。





Pボウイ

迫力、まさにこれでしょう。
カメラとか、カットインとか、いろいろ個別のこともすごいPVだけど、
あえて一言で集約させるとしたら「迫力」を選びます。
視聴者を圧倒したまま最後まで駆け抜け、そして最後の真打!
さあ、みんなで叫ぼう!せーのっ
りっちゃーん!!
正直でないかと心配したりっちゃんが真打とかPボ先生わかってらっしゃる。
そんなわけで、2011上半期、私の中では最高作品として冒頭紹介です。





りんざP

ずっと追いかけてきたシリーズですが、実質終了(?)ということでチョイス。
ニコマスを見始めた当時から追っかけていたシリーズでもあります。
閣下とスヴォボダのgdgdコンビが大好きでした。
この動画の見所はアイドル達もそうですけど、相手陣営の黒さでしょうか。
閣下の黒さとチャーチルやルーズベルトをはじめとした相手陣営の黒さとの対決。
ずっと楽しませてもらいました。ありがとう。





MさんP 【やよクエ】P

原案やよクエPだそうですね。というわけで連名でチョイス。
で、小鳥さんが結婚できたという冒頭にして盛大なオチからスタートして引き込まれました。
個性豊か過ぎるP達と織り成すコミカルコメディからラストシーンまで、
笑顔あり感動ありの作品でした。
あと何気に最後のあとがき的な何かも楽しみにしてたりw
お気に入りは千早のPとやよいのP




トカチP 少年P 汁粉P

俺の嫁、りっちゃんの動画からひとつチョイス。
そうなんだよね、そうなんだよね!!!!!
こういう、こういう竜宮小町とりっちゃんをみたかった。
見たかったんだよおおおおおおおおおおおおおおおおお(うぉぉぉぉぉぉぉぉぉん
P率いるユニットとの頂点対決と勝利とそしてアイドル復帰と、
りっちゃあああああああああああああああああん><
もうすべてがこめられてるよね、冒頭からの苦悩も、挫折も、
そしてやり残した夢も。
そんな作品。最高でした!!




弓削P

日常シリーズといい、さんさんシリーズといい、本当にいいお話をたくさん公開されている弓削Pからひとつ。
たくさんあるけど真を中心としたこれを選びました。
弓削Pのノベマスは真がすべてを達観して描かれています。
その真意は正直ダメダメ視聴者の私には読み取ることはできませんが、いい味出してます。
でも、真はなんとなくだけど寂しいんじゃないかなあと思ってみたりします。
一人だけ変な方向に突き抜けちゃってて、どれかで春香さんだったかが指摘していた気もしますが・・・




しうやP

(」゚∀゚)」イェイ!イェイ!イェイ!イェイ!
L(゚∀゚L)イェイ!イェイ!イェイ!イェイ
というわけでキュートでポップなPV大好き><ということでしうやPの作品。
ニコマス見始めた当時からこういうPVは大好物で、今回もホイホイされました。
カラフルなのがかわいくていいよねー
2グラが主流の中でも色あせない無印グラもいいですね。




オバンドーP

再現ということですが、脅威の再現度。
それだけでなしに、再現でもすっごく楽しいんです。
ちょっとしたところでのドヤ顔とかのヮのとか、そんなところへのこだわりが感じられます。
あとメインが伊織になってますが、お見事な人選といわざるを得ない。
妙なPVに光を当てたものでしたが、楽しませてもらいました。




にやむこP

まず最初に一言
なぜやらせたしwwwwいいぞもっとやれwwww
もはや愛すべき男達と化した木星。
いや、ホントレベル高いっすw
あといろいろ合いすぎw
終始大笑いしながら見てましたw




crongP

お見事でした。
正直、このタイトル見たとき、アイオニPの名前しか出てきませんでした。
アイオニPの作品は大好きで、同曲の作品はもっとも好きなPVのひとつに間違いなく入ります。
ですから、この動画に対する求めるハードル(こんなものつくってはいけないですが)は非常に高かった。
そして、crongPはこのハードルをしっかり越えていきました。
薄暗い中にして輝きに満ちたステージで舞う3人にいつのまにか魅了されていました。
やさしくて、力強い。
お見事。たまらんです。





窓風朝穂子

いまだにホントに処女作かと疑うクオリティ。
全体として飽きさせないというか、視聴者をひきつけて離さない魅力があります。
どこもかしこも大好きなんですが、ネクタイとスカートの色が背景に合わせて
変わっていくところから「私色」として青になるところが特に大好きです。
今後ともこんな良作をオナシャス><




ヒトコトP

元ネタはよく知らないけど気がついたら30週位していた破壊力ある作品。
やよいかわいいよやよい。もう俺ロリコンでいいや。
・・・それはともかくとして、やよいかわいいよやよい
アニマスのやよいのかわいさが余すところなく堪能できました。
ζ*'ヮ')ζ←やよ誕の時のピラミッド増量中に吹きましたw




朗読P

いやほんと、この手の作品はどうやっているのやら。
でも、無印のコミュを使いながら真の深いところまで切り込んでいく。
動画の中に「彼女の仕事に対する思い入れの強さについつい引き込まれてしまう」
というナレーションがあるけど、この動画に引き込まれたのは朗読Pの愛でしょうなあ。
真というアイドルの一つの紹介動画(うまい言い方が見つかりません)としても輝いた作品といえるでしょう。





あふぅたぁP

風呂烏龍の方の作品。
生放送だったかどこだかで「ありふれているか王道か」というものを聞きましたが、
間違いなく王道を突き進んだと思います。
ラストは正直こうなるとわかってた。
でも、そこまでどう物語を紡いでいくか、それを見守っていましたが、期待以上の感動をいただきました。
で、番外編作るって聞いた気がするけど、マダデスカ?




天下P

あえて中身は語るまいと思います(天下P,本当にごめんなさい)
何年も前からアイマスというコンテンツがいつまであるんだろう、そう言われ続けてて延命
でもまだ続いてて、だけどいつかアイマスも終わります。終わって、我々もいなくなって、
忘れられた時というのはどういうものだろうか。
先日7thライブに行ってきました。あれほどの盛り上がりを見せました。
でも、いつか忘れ去られる日が来ます。
・・・・・・・ああもうわけわからんいろいろぐっちゃぐちゃでうまく言いたいこといえません。
ただもし、こんな世界がどこかにあるとするならば、ずっと彼女達がきらきらしていますことを。




ならかったP

まず、ファイファンとどっちにしようか悩んだ結果、こっちにしました。(私の中では両方同格)
順位の関係がゲフンゲフン
それはさておき、満載です。いろいろと満載です。
そしてさわやかなシュールさと勢いで元気いっぱい。気持ちいいです。
大笑いしましたw
で、葉っぱ1枚じゃなくて水着きてるんですけどどうなってるんですか訴訟





AruP

やよ誕では良作がたくさん上がっていた中遅刻組にしてとんでもないのが来たと思いました。
背景の懲り方というか、ステージの作りこみと、そのステージのやよいとのマッチがいい感じです。
でもやよいの夢の中のお話なんですが、きっと夢みたきらめくステージに立てるでしょう。
夢は実現するものですから。
そんなやよいの魅力満載の作品。




二酸化硫黄P

いやほんと、前も20選で選んだことがあるきがするけど、硫黄Pの真動画はすごい。
まだら模様の色彩が作り出す雰囲気が素敵です。
中にねたも挟んでるのはご愛嬌。
ときたま線画みたいになる場面があるけど、硫黄Pの見せ場ですな。
今回も素敵な真をありがとう。
タイトルどおり過去今未来、いろんな真に出会えました。




妖狐P

いやー、MMDすごいですなあ。
ダンスとか、背景とかいろいろあるけど目が生きてるのがいいです。
そしてエロスを感じる春香さんがイチオシ。
この曲には子供っぽさではなく大人のエロスだと思いますが、ダンスのモーション
だけではなくそれを前半で出して存在感を確定させつつ全員を率いる春香さん。
いいですねえ。




ナンカンP

上のAruPのやよいはかわいいですが、こっちはかっこいいっす。
大人っぽさ貴音とあずさをバックにしても輝くやよいの力強さ、やよいの隠れた一面でしょう。
そういえばやよいはおねえちゃんでしたね。本当は常にこれくらいできるのかもしれません。
ただ反面、G4Uの写真があるとおり、まだまだ子供です。
そんな二面性が素敵な作品。




卓球P

私はアイマスの歴史のうち、アケマス時代は知りません。アイマスと歩んで4年と少しです。
でも、
アイマスというコンテンツの歩んできた道、そしてニコマスも含めた歴史。
いろんなものが詰まっています。
そしてアニマス、7thライブへと至る。
上記天下Pの動画でも触れましたが、アイマスというコンテンツがいつまであるか、そんなことも考えてしまいます。
だけど、まだまだ、鳴り止まないっ!
アイドルマスターを通じていろんな人とも出会いました。すばらしい経験もさせてもらいました。
だから、ずっと、アイドルマスターが何かを鳴り響かせていますことを・・・

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ブログ

ライブの感想など

しばらく放置してましたが久々の更新。

先日の7thライブにいってきましたのでその感想でも。

ニコマスを通じてアイマスに触れるようになってからもう4年以上経つでしょうか。
でも、元々ライブにいくなんてことをしたことがなかった私としては、特にライブに行こうという
気が起きるでもなく、気がついたらライブが開催されて、終わっていた、そんな時間をすごしていました。
前回の東京ドームシティホールでのライブにしても、編隊飛行のメンバーがライブのために集まっていたので
会場前まで遊びに行って入場時間と共にオフ会までお出かけして時間をつぶすようなことをしいてたくらいです。

そんなわけで、今回も「チケットあたったらいこうかなー外れたらいいや~」位の気持ちでおりまして、別に絶対いきたいとも思っていませんでした。
ところが、何の巡り会わせか第一次の抽選に応募したら、なんと当たってしまいました。
最初で最後のつもりでライブに望んだわけですが・・・
下で述べることですが、今は本当にこの幸運に感謝しています。


さて、当日の経過なんざ放っておいて、ライブ本体の感想といきます。

そこは最高なんていう言葉では表現できない、感動や一体感や、幸福感に溢れていました。
ぶっちゃけコールなんてわかんないですよ。コール本出資もしたので回収はしましたが、あいさつ回りに必死で読んでないよ><
でも!でも!
その場にいるだけで、歴戦の大勢のP達が私みたいな初心者を引っ張ってくれるんです!
そんなガールズとP達が織り成す空間に身を委ねるだけでいい、あとは委ねた流れの中で全力でコールすればいい。
それだけで、前述のような素晴らしい時間をすごすことができたのです。

私の席はセンター中央列の最後列だったため、ガールズはなかなかよく見えませんでした。
しかし、逆に言えば横浜アリーナのほぼ中央に当たる位置ですからあのライブのまさにど真ん中でいることができたわけです。
曲によっては、ガールズの手の振りに合わせてサイリウムを左右に振るものがありましたが、ガールズの指揮でP達が光の波を作り出す様を後ろから見渡せました。前の方の列では絶対に味わえない会場の一体感が満喫できたのです。

・・・もちろん最初はなにがなにやらわけわかめなところがありました。
そりゃーサイリウム折って一生懸命振って声も出してましたが、最初の何曲かはよーわからん部分がありました。
その上、左の人も前の人も静かで、挙句右の席は結局空席でしたから(もったいない)なかなかペースが掴めない・・・

そんな中で、すべてを開放してくれたのが「いっぱいいっぱい」だった気がします。
若林さんは私が大好きなりっちゃんそのものともいえるような、そんな人。
そして23日は奇しくも秋月律子の誕生日。

若林さんの掛け声、歌声が全てから自由にしてくれました。
ほんっと、腹の底から絶叫といえるくらいコールしてました。

もうそれからは隣や前がなんだろうと関係ない。
本当に全力で、腕も正直きつかったですがそれでも残り2時間以上、サイリウムを振り、コールをして・・・気がついたらライブが終わっていました。
でも、終わった後の\アイマス最高!/やBGMのREADYに対しても一体となってコールし続けたP達(私含)を思い出すと、「みんなといっしょ」に楽しめたんだなあと今から振り返って思います。

あと、私の中で若干変化した部分がありました。
ALRIGHT*なんですが、この曲についてはゆりしー時代の原理主義的思想になっておりましてあずみん版はほんと受け付けなかったんです。
でも、あずみんがあそこで歌っているのを見て、ああ、あずみんのALRIGHT*もいいなあとはじめて思いました。

個別の曲にそれぞれ感想というか、思いはあるんですが、このあたりにしておきます(書いてる時間:深夜2時20分w)

まとめに入りたいと思いますが、今回のライブ、参加できて本当によかった。なぜ今まで参加しなかったのか、悔やみきれません。あの東京ドームシティホールの中ではこんなに素晴らしい空間があったのに・・・
ですから、今後は可能な限りチケット争奪戦に全力でぶつかる所存です。
まだまだアイマスは続くでしょう、そして今度はもっときらめく舞台があるかもしれない、いや、あるでしょう。

そんな舞台を、もっと見せてください。

とりとめもないですが、感想でした。

追記
たくさんのP達と交流をもてました。
ごあいさつできた皆様、本当にありがとうございました。ごあいさつできなかった皆様も、そして今回は会場に来ることができなかった皆様、また次のライブでお会いできればこれ以上の幸せはありません。

とっぷぺーじ

 上記マイリスはメイン(上)のと大好きな上半期作品集(下)です。


この記事は常時トップです。
ツイッターはじめました
http://twitter.commultiPnico 
ユーザー名 multiPnico

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ブログ

2011下半期20選

募集期間
2012年 1月1日~1月9日

基本レギュレーション
・対象は2011年下半期(7月1日~12月31日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログもしくはマイリストにて公開
・1Pにつき1作品
・選考基準はフリー(お気に入り・埋もれ発掘・テーマに沿って等何でもオッケー)

毎度おなじみ自己ルール
・理由を問わず削除されてしまった動画は除外
・多人数での合作動画(おおむね3人超え)は除外
・ジャンルでの枠というものは設けない

さて、リアルさんが永久の鬼畜街道に入りましたがはじめます。

その1
【MMD】千早のおっぱいでトランポリン


GABAkunP

ホント、どういう発想なのw
終わる間際まで千早を持ち上げといて盛大に突き落とす。
千早、イ㌔・・・
でも、床の方が反発強いからちかたないよね!
おや、誰か来たようだ。

その2
アイドルマスター2 「超電磁砲」 【VRF'11】


神風P

相変わらずのカメラワーク。
そして緩急の付け方が見事の一言。
派手にエフェクトとかつけないでここまで視聴者を飽きさせないのは才能ですね。
曲は超電磁砲のかなり有名な力強い曲ですが、それに負けない動画の作り方が素敵です♫
あと修羅場トリオサイコー!

その3
アイドルマスター2 星井美希 マリオネットの心


翼P

翼Pの作品は消されてしまうなどして20選に入れたくても入れられないことが有りましたが、今回は遠慮なく入れられます!
翼Pのカメラワークもほんと見事です。
そしてこちらもマリオネットの心という発表後またたく間にファンの中で地位を築いた曲を存分に生かした作品と思います。
また、細かいところでの演出にセンスももちろん経験も多大に感じます。
ちなみに翼Pの作品は大好物が多いです。

その4
【アイドルマスター】星のかけらを探しに行こうagain(Version Chihaya) PV風味


72kP

一転してスローな作品を一つ。
私はこういうじわじわ感じるところがある作品が大好きです。
あとこんな透明感ある雰囲気も大好き。
夜の街を舞台に千早が舞う、千早も儚げな側面があるアイドルですけど、
そんな側面を星空の中で描ききった作品だと思いました。


その5
【im@s架空戦記】ばれっちーちゃん Act.1【BulletWitch】


歪 氏

うp当時はあのお方がとうとう来たかという感じでしたね。
このゲームはプレイ動画などで知っていましたが、ホラー的なイメージを全く感じさせないちーちゃんとはるかさんのやりとりが最高ですw
あとちーちゃん、すこし胸盛ってませんか?(真顔

その6
穴掘りシューゲイザー


覆面作家P 胸厚P

覆面作家Pがシナリオ担当ということですが、覆面作家Pの作風、文章はいつも踊っているように見えます。
おかしな表現ですが、テキストノベル系のノベマスをみていてこういう感覚になるのはあとはにわPの作品位でしょうか。
構成、つながりとかいろんなところで細かい気配りをしておられるのだと思います。つまり大好物です。
お話は千早の過去と音楽を織り交ぜながら描く友情と立ち直りというところですが、千早と雪歩、二人の中心人物の核に切り込んだ傑作といえます。
そして、そんなお話を余すところなく表現する動画担当の胸厚Pの手腕も見事。

その7
↖↖↖↖↖↖↗↗↗↗↗↗↗


ごまP

曲のテンポとコロコロ変わる画面が気持ちいいですねえ。
たまに、いろんな曲のダンスがごちゃまぜになっていると違和感とか感じることがありますが、この作品についてはそんなことはまったくなし。
終わった先には爽快感と元気をもらえる、そんなところがお気に入りなのでランクインですね。

その8
【まこ誕】ACM(真センター)で高音質 オーバーマスター【れの&みやま】


れのP、みやまP

れのきゅん、もといれのPといえばこの3人組ですね。
れのPはノーマルPVをとことん極めようとしている印象で、上記の神風Pとは若干違う方向性のカメラワークが持ち味ですねぇ。
そしてかっこいいこの三人をキリッと描かれています。
みやまPが音を担当したということですが、説明文にあるように疾走感が見るものを惹きつけます。

その9
アイドルマスター 「cLip」


FRISKP

幾何学模様の枠の中にこれまでみたいなFRISKPらしいおしゃれな展開が止まることなく押し寄せてきます。
なんというか、相変わらずすごいなあと。
かっこいいし、おしゃれだし、スタイリッシュだし・・・素敵です。

その10
黒ぬくれ


二酸化硫黄P

曲名は知らなかったけど、誰もが一度は聞いたことがある曲で描かれる真っ黒で深紅の世界に魅了されました。
そして中盤以降、それ以外の色彩の世界と黒・深紅が交互にくるところがそれぞれの対照的な世界をより鮮やかにしますね。

その11
私たち、結婚しました


すっきりぽんP

どうも私の20選ではるちは動画が必ずある気がしますが、今回も来てしまいました。
このきもちいくらいのおバカ加減とイチャラブ加減が本当に最高です!
あとりっちゃんは不憫

その12
【人力VOCALOID】サウダージ (feat.天海春香)


渡り鳥P

これも一時期流行った有名な曲ですね。人力ボカロは正直作り方とかよくわかりませんが、春香さんが春香さんらしく歌い上げたつい聞き入る作品です。
それに、歌詞も春香さんらしいですね。


その13
7月2日だし千早でええねん。


時雨P

時雨Pは昔からまっすぐに千早の作品を作り続けている、私がニコマスを通じてアイマスを知った当時より既にP活動されていた方。
動画で流れる紙芝居は千早を支えるP視点から二人を見る視点に移りながら、千早の成長と二人の愛情を描く、
そんな時雨Pのまっすぐさがまっすぐな歌詞を通じて描かれている良作と思います。


その14
アイドルマスター2 我那覇響 春夏秋冬


木っ端っP

響の作品と言えば、割と元気でテンポのいい作品が多い気がしますが、この作品は響の女の子としての側面を強く示している気がします。
響が美しんですよ、可愛いっていうより美しいんです。
ゆったりとした中でどこか切なく涙が出るような、そんな作品。

PVでは私の今季NO1かもしれないです。

その15
スマ歩【NovelsM@ster短編】


こたつにアイスにみかんP

何も考えず、スマ歩の可愛らしさを堪能できました。
こんなスマ歩がほしいなあ・・・
でも、この作品のいいところは所持者が伊織であること、そこが重要と思います。
ところで愛フォンはまだですか?


その16
『 fellow / 高槻やよい 』


ふらうP

主コメにもありますが、“ありがと。笑えるよ”そんな元気を与えてくれる作品と思います。
みんなで楽しくなれる気持ちのいい作品です。
はるちはが背後から出てくるところがありますが、ステージを使ったこの演出は見事。

その17
アイドルマスター2 情熱のうた/カラーボトル


散髪屋P

この手のストーリー系PVは大好きです。愚直で、熱くて、でもだからこそ見るものを引きつける力が出るんだと思います。
アイドルマスターそのものが無印だろうと2だろうと愚直にトップを目指す物語ですが、そんなアイマスがそのまま描かれて
「叶えたい夢が・・・無我夢中でもがくんだ」のところと、そのあたりの演出が大好き。

その18
【第4次ウソマス】ねえ、認知してよ。【この子誰の子】


R・デウP

こんな卓ゲがあったとは・・・この卓ゲからなる追及具合もなかなかいいですが、やはり見どころは「イメージ映像」ですねw
太鼓だったり大砲だったり、いや~、笑わせてもらいました。
この作品も何も考えずに楽しめました。

その19
【第7回MMD杯本選】春香さんで「サイハテ」


F-san 氏

MMDといえば割とダンスがあって、あるいは背景とか演出が凝っててコロコロと画面が切り替わる、そんなイメージを未だに持ってますが、こんな作品もあるんだなあと思った作品。
春香さんのモデルの丁寧なつくりや、ピアノをイメージしたステージがいいです。
しかし、この作品の見どころはなにより春香さんの微妙な表情の変化でしょう。単調と言われかねないような全体ですが、それをそうさせず名作とさせたのは春香さんの切ない表情です。
こんな春香さんも綺麗ですね。

その20
紳士が群れなす編隊飛行ver.3.0☆萩原雪歩誕生祭2011


紗羅P

少し長くなります。

まずは動画の方から、紗羅Pは例年雪歩誕生祭担当でやっていたわけですが、今年もあずみ・・・じゃなくて雪歩愛に満ちてますね!
そして紗羅Pの撮り方は毎回毎回うまいなあと、カメラ機をやった身からしても思います。
どうやら紗羅Pは二次元へのはいり方を知っているようですが、どうやるのー?おしえて~><(必死


さて、本来、私は自分が関わった動画は入れません。だからマスクエ、いつも入れてません。
でも、今回は入れてもいいよね?
紳士が群れなす編隊飛行、3年続きましたが区切りです。私の参加はちょうど半分、1年半ですが、仲間と楽しくやらせてもらいました。
まさかカメラ機をやる時が来ようとは、入隊当初は思ってもみませんでした。
定期的にオフ会などをさせていただくまでになりましたが、素晴らしい仲間と出来たと思います。
また飛ぶ機会はあると思いますので、その時にはまた楽しくやりたいですね!

最後に
選ばなかった作品でも大好きなものはたくさんあります。
そんな素晴らしい作品を拝見させていただいたすべての皆様に心から感謝と敬意を。














ウソm@sに参加しました



第5次ウソm@s祭りということで、リアルでもあったことがあるシロP主催もあって参加しました。
使用したのはBF3です。え~、BFBC2とマインクラフト共々時間泥棒ですw

制作時間そのものはあまり時間はかかっておらず、編集作業そのものは7時間位だと思います。
ただし、内1時間ばかりに関しては操作ミスによりデータが飛ぶ悲劇がありましたw

で、わかる人が見れば分かることもありますが、最初の見下ろしシーンとその後のシーンは別プレイです。
最初のときは初見でやってて地形が分からずボコボコにされましたので、とても動画を作れる内容ではありませんでした。その後のシーンについてはテイク7くらいでしょうか?
今回は2回敵陣地を抜けば勝ちとして描きましたが、これはこのMAPの3つめと4つ目の敵陣地なので、一つ目二つ目を攻略しないといけないのと、動画にできるプレイ内容という点でなければならないということからプレイ時間が相当かかりました。
また、MAP指定でマッチ検索できるのですが、アタッカー側とディフェンダー側を選べないのでそのくじ運とか、いろいろそのあたりが難航したところです。

そして、うpしてから気づいたのですが、春香さんがパラシュート降下して建物に味方に続いて入っていきますがこのとき、春香さんが追っかけた味方の前に既に味方が突入していて、敵を排除していたようでした(レーダー参照)。そのため、おそらくやられた敵がリスポンしてすぐ建物に入ってきたところを春香さんがすかさず撃ち倒した、そういうことだと思います。
あと、春香さんを狙撃した狙撃手は狭い通路の奥で張ってた敵と同一人物でしたね。春香さんグラでわかりにくい点もありますが(やられた後の画面右上を見ていてください)、通路内で春香さんがやられたあと味方をバタバタ倒していってます。6・7キル位はしているかもしれません。
私もたまに防衛側でやりますが、あそこでふせられると暗いし狭いしで攻撃側は不利そのものです。数を頼みにリロードさせるまで人数かけて強行突破か今回見たく弾をばら蒔いてマグレ当たりを狙う、あるいは爆発系を撃たれる前にぶち込むしかなくなってしまうのですね(今回は見事にやられましたが)。
で、最後に敵が手薄だったのはおそらくヘリに4人ほど乗っていたためみたいですね。集団で味方のキルによらない死亡判定が出てますので、ヘリを強奪したら味方の足が速くてああなってしまった・・・というところかと思います。

さてさて、長くなってしまいましたが、最後に正直200再生行けば満足くらいに思っていたら記事作成現在400を超える再生をいただき、非常に嬉しいです。コメもそこそこ付いて尚更w
ご覧頂きましたみなさま、ありがとうございます。

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ブログ

プロフィール

マルチP

Author:マルチP
マルチPといいます。

年齢不詳・どこかの使用人でもあり自営業でもあるなにか

ツイッター 
http://twitter.com/multiP0904

リンクはフリーです。
その際メッセージなりいただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。